参加動画 その9

 

【演奏】長唄三味線Solo:杵家七三、津軽三味線Solo:二代目 三山貢正、義太夫三味線Solo:山崎千鶴子、指揮:苫米地英一、日本音楽集団 【公演】日本音楽集団 第239回定期演奏会〝強くしずかに響け我が調べ〟(団内作曲家の作品特集) 2023年6月15日(木)、豊洲シビックセンター 5Fホール Subscription Concert by Japanese Traditional Instruments, presented by Pro Musica Nipponia 【ホームページ/お問い合せ】http://www.promusica.or.jp
『颯踏』 1975年 長澤勝俊作曲 1975年の初演の際には「笛と打楽器のための音楽」という抽象的なタイトルで発表されたが、のちに雅楽に由来する「颯踏」という名が付けられた。作曲者によれば、作品の主眼は篠笛と能管という2種類の横笛の性格を打楽器との合奏の中で際立たせることにあるという。全体は2章に分かれており、第1章では能管が冒頭で幽玄な世界を存分に繰り広げたのちに、即興的に導入される鼓や鏧の余韻と絡み合ってゆく。第2章では締太鼓のリズムに乗って篠笛が祭囃子を思わせる軽妙な旋律を奏でる。後半に現れるシンコペーションも作曲者ならではの持ち味である。 篠笛・能管/新保有生 打楽器/多田恵子・冨田慎平 日本音楽集団第240回定期演奏会 「長澤勝俊生誕100年~長沢勝俊の軌跡~」 2023年9月16日(土)14:00開演 第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内) 主催:特定非営利活動法人日本音楽集団 共催:トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール #長澤勝俊 #日本音楽集団 #颯踏 #promusicanipponia #satto_for_fue_and_percussions #多田恵子 #冨田慎平 #新保有生 #japantraditionalmusic #fue
薩摩琵琶:川嶋信子、打物I:冨田慎平・打物II:會田瑞樹
朗誦者I II Ⅲ:児玉興隆・吉田顕静・和田祐樹
日時・公演名 2023年11月1日(水) 19時「Sound Landscape」声明初共演でした
【春よ、来い】和楽器cover  作曲/松任谷由実  和楽器編曲/鳥越菜々子 邦楽打楽器/冨田慎平 
参加させていただきました。Jpopで一番好きな曲かもしれない。名曲ですね。
和楽器アンサンブル 真秀 EP『Primavera』配信中
https://linkco.re/Bt75e41Z 『Primavera』
1.飛花 feat.冨田慎平 2.卒業写真 3.桜流し 4.primavera 5.春よ、来い 〜2024年ver.〜 feat.冨田慎平
kpopです。ちょっとはまりそう
公演名:邦楽語り劇「天守物語」 公演日:2024年 5月 12日(日) 会 場:洗足学園 前田ホール 主 催:洗足学園音楽大学・大学院 企画・音楽監督・作曲・指揮:松尾祐孝 原作:泉鏡花「天守物語」 脚本・演出:森田順平 舞台監督:長沼 仁 出演:  台詞劇:声優アニメソングコース  ダンス:ダンスコース  邦楽器アンサンブル:現代邦楽コース&現代邦楽研究所 協力:  音響・照明:音楽環境創造コース  映像投影:音楽・音響デザインコース